「起業=ハイリスク」とは思わないという話


「起業=ハイリスク」というように言われることは多いです。
一見あたりまえのように感じるんですけど、僕は、リスクがあるのは「起業」という行動そのものではないんじゃないかと考えています。

僕はスタッフに、少しでも興味があるなら絶対に独立しましょう、副業もガンガンいけ!といってます。
無責任に聞こえると思いますが、独立して失敗したらうちに戻ってくればいいだけ、と思っているからです。
副業も、ダメならやめればいいだけです。

当然、起業には多少の資金は必要で、失敗したらそれが溶けますのでその分はリスクですが、撤退ラインさえ厳守できればリスクは限定的です。
借金するにしろ、人生狂うほどの借金は、最初はしたくてもできません。
ダウンサイドが限定できれば、アップサイドがほぼ無限なのが起業ですから、リスキーどころか割のいい話だと思うんです。
(率は高くないかも知れませんが)

rx_06096

ですので、起業という行動がリスクになるのは、成功・失敗の確率の問題ではないと思ってます。
本当のリスクは、可能性として避けられない「失敗」という事態が起こったときに、取れる選択肢がもてないことだと思います。

失敗しても、知人や友人にぜひうちに来てくれ!って言ってもらえたり、元いた会社にいつでも戻ってこいよと言ってもらえる自分であれば、たとえ成功率が若干低くても、家族がいたとしても、致命的なリスクではありません。
しかし、もしそうでなければ、成功確率が50%超えていても、たいへんなリスクを取ることになります。

つまり、起業そのものではなく、起業前の自分自身の価値に、リスクが潜んでいるのだと思います。

起業は1つの例で、当社は業務においても同じ考え方をしています。
芯になる現在の主力事業をきっちりと維持して成長させることは大事です。
その上で、新しいチャレンジ、変化を積極的に取り入れていこうと心掛けています。
「ダメなら戻すからな!」が決まり文句です。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す