社長ブログ

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket

「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービス 藤本です。半年ぶりくらいです!

2019年に設立から10年目を迎えるにあたり、改めて弊社のビジョンについてお話しをさせていただければと思い、記事を書いております。

僕たちは「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョンのもと、業務を行っております。

我ながらスケールが小さいとは思うのですが、代表である僕がこれまで利益に特化したキャリアを積んできた中で、自身の力不足から軽視していた、お客様の満足度、スタッフとそのご家族の生活への配慮。そして営利企業としての結果。
どれを取るかではなく、すべてを捨てない会社をつくることができないか、できるとして、僕たちにできるか、という問いへの答えになる会社を目指し、このようなビジョンを掲げてきました。

お客様満足度やスタッフの生活など、なにを当たり前のことを。それを軽んじてどうする。と思われるでしょうが、正直にいいまして僕は本当に軽視していました。
利益を出すこと、組織を成長させること、結果を出すことに特化し、その他を犠牲にすることにあまり抵抗がありませんでした。
商売は甘くない。生き残るとはそういうことだ。と、いま考えれば能力不足の言い訳なんですが、そう思ってました。
それが強さだとさえ思ってましたが、こどもにその姿を見せたいか、と考えた末、弊社の理念に至りました。

話を戻しますが、僕たちなりにビジョンを分解すると下記のようになります。

  • お客様に、沖縄で最も良いサービスを提供する
  • スタッフに、沖縄で最も良い待遇を用意する
  • 沖縄の情報通信分野で、最も強力なキャッシュフローを創出する

絶対に良いと自分たちが確信できるサービスだけを、ご紹介しよう。
自分の子供や恋人、親友にも自信をもって薦められるような待遇を用意しよう。
そして、利益という結果に目を背けず、かつスタッフや家族が誇りに思えるようなおカネの使い方をしよう。

9年がもうすぐ終わる現在、どこまでできたかというと、どれもハンパもいいところで達成感はまったくありません。
ただ、目指した「良い会社」は妄想ではなく、この先現実にすることができるという確信は得ることができました。
9年でこの程度しかできないのかと思う部分もありますが、まだ時間はあり、できることの余白もたくさん残ってます。

そして、今は非力な会社ですが、10年後の沖縄の起業シーンを変えるような存在になりたいと本気で思ってます。
僕たち含め、沖縄の大多数を占めるスモールビジネスがしっかり稼ぎ、しっかり還元することで生活も教育も必ず向上していきます。
現在は、スモールビジネスの損益状況はあまりよくないというのが現実ですが、これは改善可能だと考えています。
「沖縄の若者がつくる会社はなんであんなに優秀なの!?」と全国がザワザワするような10年後は、現実にできると思っています。
(僕は若者じゃないので、この先にデビューしていく若者たちのことです)

僕たちだけが良い会社になれても、スタッフとその家族、せいぜい100~200人程度のインパクトですが、10社20社と強く正当に還元できる企業群を作ることができれば、その数は数千人になり、バカに出来ない規模になってきます。
何回考えても、その未来が手の届かないものには思えません。
まだまだ僕たちは力が足りませんが、その魅力的な未来に向かって、引き続き努力を重ねて参ります。

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket

スタッフに自社株取得権を付与する制度ができました。

はてなブックマーク - スタッフに自社株取得権を付与する制度ができました。
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービス 藤本です。
タイトルのとおり、スタッフが自社株を有償で取得できる制度を設けました。
対象者はスタッフの約40%になります。(アルバイト含む、試用期間中除く)

資本主義の中で生活をする以上、労働と報酬以上に投資に本質があると思いつつ、当社とスタッフはまぎれもなく労使の関係であり、そこに違和感を感じながらもなかなかいい解決ができずにいました。

■ 従業員持ち株会は運用が高コスト
■ IPOを目指していないのでストックオプションは不向き
■ とはいえ、生株の譲渡はあまりにハイリスク

同じように感じられている経営者の方って、けっこう多いんじゃないでしょうか。
そこで、任意のタイミングで売却でき、あらかじめ売却時の株価計算式と引受先が定められた種類株を新規発行することで、未公開株の株価というやっかいな問題を自動化し、議決権や株式の流出というリスクを抑えながら、スタッフにオーナーシップを持ってもらえる、とても良い仕組みが実現しました。
(事情により名前は伏せますが、アドバイスをいただいた○○○さん、ありがとうございました)

ご相談に乗っていただいた各方面の専門家の方々にとっても今まで取り組んだ経験がない仕組みということで手探りの設計でしたが、出来てしまえばシンプルで登記手続き以外はランニング含めてほぼノーコストで実現できる、非常にエコい制度になってます。

実際にどれだけのスタッフが購入するか(無償じゃないしお小遣いで買える額でもないので・・・)、購入したスタッフがどれだけ恩恵を受けられるかはわかりませんが、商売に欠かせない「これは俺の会社、俺の商売だ」という当事者意識がより強くなれば、スタッフにとっても会社にとっても幸せなことだと思うのです。

はてなブックマーク - スタッフに自社株取得権を付与する制度ができました。
Pocket

私たちが「当社は営業とファイナンスの会社」と言い続けている理由

はてなブックマーク - 私たちが「当社は営業とファイナンスの会社」と言い続けている理由
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービス 藤本です。

活躍している営業マンが「僕は営業しか出来ないのがコンプレックスです」とか
「なんのスキルもないから営業くらいしかできそうにない」と学生さんが言ってたりとか
食事の雑談で「本当に良い商品なら営業しなくても売れるはず」と聞いたりとか
これまで営業職に対して「???」と感じる言葉を何回も聞いたことがあります。

ぜんぶ大間違いだと思います。
優秀な営業は、会社にとって宝です。

逆に、若者は営業出来れば、他に何もできなくても大丈夫なくらいではないでしょうか。
実際、会社としても個人としても営業さえ出来れば案外何とかなりますし、どんなにいい商品でも世の中には大抵競合が存在しますので、営業はあったほうがいいと思います。
GoogleにもFacebookにもMicrosoftにも営業がいて競争を繰り広げているわけですから、普通の会社が「商品がいいから営業しなくてもいい」可能性は高くないと思います。

営業にも、ルート、店舗、反響営業などいろいろあります。
その中でも、群を抜いて難易度が高いのは、新規獲得営業になります。
1を1で維持する、1を1.05にするのも企業として大変重要ですが、難易度・貢献度という点で、ゼロから売上や取引を発生させる新規営業の価値は一段違うと言わざるを得ません。

僕は現場営業と営業部門のマネジメントをしていた期間が長いので、新規営業の価値と難易度は骨身にしみて理解しているつもりです。
知識や交渉力は当然として、第一印象だとかビジネスマナーという本来商品力とは関係のない素養も求められる上に、他社との競争という外部要因、能力が数値化されるプレッシャーやストレスとの戦いもあります。
「営業しか出来ない」という消去法で務まるような職種ではありません。

さらに社会人としてステップアップすれば、マネジメントや採用、外部との交渉も仕事になるでしょうし、さらには経営陣として資金調達、外部との提携なども手掛けるかも知れません。
これらには営業や交渉のエッセンスが多分に含まれており、対人能力・交渉能力なくして務めるのは難しい業務です。

弊社は、外部には便宜上「ウェブ企業」と説明することもありますが、内部では創業から一貫して「当社は営業とファイナンスの会社である」と断言しています。

そして、常に営業部門の待遇を最も厚くしてきました。
もちろん技術やサポート、管理なくして会社は回りませんので、どこかの部門だけが大切というわけではありませんが、当社のモデルでは、業績へのインパクトが最も大きいのは営業部門であり、リスクやボトルネックになる可能性と影響力が高いのも営業部門だからです。
さらに、弊社の場合は一定水準以上の人材の採用難易度が最も高いのも営業部門です。
(繰り返しになりますが、技術部門、サポート部門、管理部門も当然とても重要です。あくまで割合の話とご理解頂きたいと思います)

弊社では今、新規事業のスタートに合わせて営業部門の正社員を募集しております。

琉球オフィスサービス | 人事データ・採用情報 【2018年度修正版】

弊社の営業は、ほとんどが最も難易度の高い新規営業ですので、お世辞にも楽とも簡単とも言えません。
個人予算も高いので非常に大変ですし、消耗も激しい仕事だと思います。
だからこそ、残業なしの実践、有休100%消化の実現、日報や会議など余計な負担を減らすなど、純粋に実績と向き合え、実績以外のストレスを軽減できる環境を準備できるように努力しています。

大変な仕事ですけど、ぜひご応募ください(採る気あるのかという記事ですが 笑)

参考までに、社内の統計上、下記の様な方々が活躍する確率が高いというデータがあります。

  • 基礎学力が高い
  • 本土の大企業での業務経験がある
  • 県内の優良企業での業務経験がある
  • スポーツや武道などで好成績をだしたことがある

上記2~3項目当てはまる方は、高い実績を出す傾向があるという統計が出ていますが、もちろん全ての方に当てはまっているわけではありませんので、あくまで参考としてご覧ください。

はてなブックマーク - 私たちが「当社は営業とファイナンスの会社」と言い続けている理由
Pocket