社長ブログ

児童養護施設卒園者の支援をする理由


琉球オフィスサービスの藤本です。

弊社では2011年に島添の丘さん、2013年に美さと児童園さん、2014年になごみさん、そして2017年に石嶺児童園さんにホームページを寄贈し、現在も運営・管理をさせていただいています。

また、2016年3月には施設卒園者のうち進学者3名(すべて1年制専門学校)に、在学中住居費用を全額負担する支援を開始、109万2,000円を寄付しました。

翌2017年の3月には、弊社ユーザー様へ協力を仰ぎ、計56万8,080円をお預かりし、同じく施設卒園者のうち進学者2名(ともに2年制短期大学)の、2年分住居費177万6,000円のうち初年度の寄付額88万8,000円に充当させていただきました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 


 

弊社は、2010年に2人で始めた会社です。
まだ会社を登記する前、市場調査で統計や記事を読み漁る中で、「県内の小中学校には、給食のない夏休み期間中に、痩せ細って新学期を迎える子がいる」という先生のインタビュー記事を見つけ、「俺たちの会社が利益を出せるようになったら、こういうところにおカネを使おう」と話したことをよく覚えています。

そして事業を開始し、赤字真っ只中でまだまだ苦しい時期だった2011年、その創業パートナーがたまたま児童養護施設に営業に行き、契約書を持って帰ってきました。
通常どおりの有料契約でした。
僕たちは児童養護施設というものがよくわかっていなかったので、どういう施設なのかを調べたところ、それは昔でいう孤児院、ただし僕がイメージしていたように孤児が多いのではなく、ほとんどが虐待によるものだということを知りました。

「ここからおカネもらう気になるか?」
という話し合いの結果、サイトは寄贈、今後もすべて無償で運営させてもらうことにし、そこから県内の4施設に足を運び、話を聞き、許される範囲で児童に会い、居住スペースを見させてもらいました。

児童支援をはじめた理由はたびたび聞かれます。
きっかけであれば、前述の先生のインタビュー記事やたまたま施設から受注したことだと思います。
理由や動機であれば、それは恐らく実際に訪れて話を聞き、子供達と接してみれば、何かできることはないかとほとんどの方が感じることと思いますので、特別なこととは思いません。
恐らく、施設に接する機会があったかなかったかの差でしかないと思います。

2才の子供に、何よりも大切であろう親と一緒に暮らせなくなるほどの非があるはずはなく、当人にはまったく責任はありません。
誤解を恐れずにいえば運としか言いようがないのですが、運が悪いで済ませられる程度のことではなく、とんでもない不公平と言えると思います。

世の中に公平などほとんどありませんし、社会に出れば努力と競争を強いられ、頑張っても真面目でも、それだけで報われることはほとんどありません。
それはそれで良いと思っている方ですが、子供のときくらいはできるかぎり同じスタートラインに立てるように、とも思います。

だからこそ、せめてその他の生活環境くらいは多少贅沢なくらいでもいいんじゃないかと思いますが、現実は逆で、施設にいる間は少なくとも衣食住に困ることはありませんが、18才で退所を迎えると、その後は自力で生きていくという環境が待っています。

例えば、保育士になりたいという夢を叶えるために進学を志望するということは、朝から夕方までは学校で勉強し、夜と休日で生活費を稼ぐ生活を数年間続けながら、資格を取得し、卒業するという選択をするということでもあります。

学費は奨学金で当面なんとかするにしろ、家賃、食費、衣服、通信、光熱費など、未成年が得られる時給で考えると110~130時間の労働が必要になります。
遊ぶおカネではなく、生活を維持するためだけの労働です。
正社員の法定労働時間が月換算で160時間ですが、子供達は学校の単位を取得しつつ、それに近い労働をする必要があります。

その計算をしたとき、僕たちがお客様から頂く利益の、最も良い使い途を見つけたと感じました。

子供達が在学中に住むアパートの家賃は3.5万円~4万円が相場で、年間45万円前後です。
会社にとっての45万円は、大きなおカネではありますが、それだけではほとんど何もできない額でもあります。
しかし上記のような子供達にとっては、(ほんの少しだけかも知れませんが)人生を変えるかも知れないタイミングでの、人生を変えるかも知れない額で、同じ45万円でもまったく価値が違う45万円です。
「僕たちよりも上手く使ってくれる」とも言えます。

そうして、児童養護施設卒園者への家賃支援をはじめました。

県内には8ヶ所の施設があり、約400人の子供が暮らしています。
そして毎年20名前後の子供が退所し、進学もしくは就職していきます。
できればその20名全員に、在学中もしくは成人までの家賃補助をすることができれば理想なのですが、それに必要なおカネは毎年2,000万円近く、僕たちはまだ力不足です。
それでも、いずれ僕たちが会社として成長し、もっと稼ぐことができれば、法人としてはまったく手に負えないような金額ではないと思っています。

とはいえ、僕たちは今はまだまだ小さな会社で、現実として数人への支援がやっとです。
来年の3月に退所予定かつ進学希望の8名(予定)と、前年支援した2名の2年次の家賃、合計10名分約450万円も、楽に払える体力はありません。

ありがたいことに、本年度もお客様、お客様でない事業者様、そして個人の方から、来年3月時点の予測で約80万円のご協力を頂いています。
僕たちにとって、そして子供達にとって、80万円は非常に大きな金額で、本当に助かります。
心よりお礼申し上げます。
ありがとうございます。

創業当初からいつかやると決め、6年経ってようやく始めることができたこの支援事業を継続するためにも、僕たち自身がしっかり働き、成長し、利益を稼いで、支援を絶やさないように努力していくつもりです。
同時に、皆様のご協力をいただければ僕たちも、子供達も、本当に助かります。

本年度の支援額は、予測で450万円になります。
そのおカネで10名の子供の未来を、少し良くできる可能性があると思っています。

もしご興味を持っていただけるなら、ぜひ下記をご覧頂き、ご参加を検討いただければ幸いです。
お預かりしたご協力金は、人件費や手数料などを差し引くことなく、必ず全額を子供達にお届けします。

支援をご検討いただける企業様、事業主様、個人様へ


固定給を30万に引き上げる理由


琉球オフィスサービス 藤本です。

この度弊社では、固定給を21万から30万に引き上げることになりました。

 

固定給30万は弊社にとってなかなかのチャレンジでして、責任者会議では圧倒的多数の反対を受けたわけですが、反対の根拠はいずれも正しいものでした。

実績へのモチベーションにはヘタすると逆効果

固定給ではなくインセンティブに投資すべき

など。

当事者意識を持って(よってたかって)反対をぶつけてくれる責任者は、ありがたく、そして頼もしく感じました。

 

たしかに、足元で考えると経費増に見合った業績アップは見込めません。

しかしもう少し長い時間軸で考えると、遅かれ早かれ弊社はいずれ固定給30万にするはずですので、それなら今やるのと1年後にやる比較になり、結果今やるという判断に至りました。

 

なぜ「遅かれ早かれいずれ30万にする」のかですが、それは弊社のミッションに含まれているからです。

県内ウェブ業界で、最も良いサービスを提供する

県内ウェブ業界で、最も良い待遇を準備する

県内ウェブ業界で、最も大きいCFを生み出す

が弊社のミッションであり、いずれも創業から一貫して、明確に県内トップを目指しています。

その中の「沖縄で最も良い待遇を準備する」というミッションを現実にしていく過程で、固定給も当然沖縄最高水準を目指しますので、あとはタイミングの問題でした。

 

正直にいいまして、このご時世で給与アップというと、「よっぽど採用困ってんのかな?」という印象を持たれるかなという懸念でこのような記事をあげています。

もちろん優秀な人材を獲得したいという期待は大きくありますが、主な目的は採用ではなくミッションの実現ですということを言い訳がましくご説明させていただきました。

弊社にご応募いただく方々は、ブログもよく見ていただいてますので・・・。


「起業=ハイリスク」とは思わないという話


「起業=ハイリスク」というように言われることは多いです。
一見あたりまえのように感じるんですけど、僕は、リスクがあるのは「起業」という行動そのものではないんじゃないかと考えています。

僕はスタッフに、少しでも興味があるなら絶対に独立しましょう、副業もガンガンいけ!といってます。
無責任に聞こえると思いますが、独立して失敗したらうちに戻ってくればいいだけ、と思っているからです。
副業も、ダメならやめればいいだけです。

当然、起業には多少の資金は必要で、失敗したらそれが溶けますのでその分はリスクですが、撤退ラインさえ厳守できればリスクは限定的です。
借金するにしろ、人生狂うほどの借金は、最初はしたくてもできません。
ダウンサイドが限定できれば、アップサイドがほぼ無限なのが起業ですから、リスキーどころか割のいい話だと思うんです。
(率は高くないかも知れませんが)

rx_06096

ですので、起業という行動がリスクになるのは、成功・失敗の確率の問題ではないと思ってます。
本当のリスクは、可能性として避けられない「失敗」という事態が起こったときに、取れる選択肢がもてないことだと思います。

失敗しても、知人や友人にぜひうちに来てくれ!って言ってもらえたり、元いた会社にいつでも戻ってこいよと言ってもらえる自分であれば、たとえ成功率が若干低くても、家族がいたとしても、致命的なリスクではありません。
しかし、もしそうでなければ、成功確率が50%超えていても、たいへんなリスクを取ることになります。

つまり、起業そのものではなく、起業前の自分自身の価値に、リスクが潜んでいるのだと思います。

起業は1つの例で、当社は業務においても同じ考え方をしています。
芯になる現在の主力事業をきっちりと維持して成長させることは大事です。
その上で、新しいチャレンジ、変化を積極的に取り入れていこうと心掛けています。
「ダメなら戻すからな!」が決まり文句です。


利益の額より、利益の質と継続性・再現性を追求する


弊社は、10期(2020年3月)までの中期計画として

  • 県内ウェブ業界で、もっとも良いサービスを提供する
  • 県内ウェブ業界で、もっとも良い待遇を準備する
  • 県内ウェブ業界で、もっとも強い収益力を構築する

というビジョンを掲げています。

サービスはお客さま(とパートナー企業)、待遇はスタッフ、そして収益力は会社自身への寄与であり、ステークホルダーすべてへの貢献を目指すということになります。

現在当社は7期の中間決算を経過し、残された時間は3年強。
3つめの「収益力」の目安として、税引前FCFで1億円という数字を掲げています。
その達成に向け、新しいサービスと販路を準備し、これが立ち上がれば1億みえるよねと思えるとこまで具体的にやってたのですが、思いとどまりました。
そして、利益の額はだせるけど質が伴わないということに気づいていながら、それから目をそらして準備をしたことを反省しています。

弊社は、収益力とは単純な額ではなく、

  1. 利益の質
  2. 利益の継続性と再現性
  3. 利益の額

で構成されると考えています。

rx_06224

利益の質とは、その利益がどうやって作られたのか、です。

お客さまやパートナー企業が、仕方なく払ったお金なのか、消去法で払ったお金なのか、納得して払ったお金なのか、喜んで払ったお金なのか。
お金に色はないという言葉がありますが、あるに決まってます。
不満をともなったお金で回っている会社、そのお金を給与として受け取っているスタッフが、尊敬され自信や誇りを持てるはずがありません。
少なくとも納得、できることなら感謝を帯びたお金で会社が活動し、スタッフが生活することが、利益の額に優先されるべきと考えています。

また、利益の継続性と再現性も同じように、額に優先されると考えます。

例えば、1回は買ったけどもう二度と買わない!と思われながら出す利益だったり、
すごく頑張ってなんとか今月は利益が出せたけど、同じことはもうしたくない、と思いながら出す利益だったり、
そういう瞬間風速的な利益の出し方では、マーケットもスタッフも疲弊してしまいます。
企業にとって大切なのは、その瞬間の利益ではなく、この先10年間、30年間の利益の総和です。

そういう意味では、10期で1億という数値目標も、必ずやるという固い決意ももちろん大切ですが、
理念をまげるくらいなら未達で終わる勇気
30年単位で考えると無理に達成させるより未達を選んだ方が良いという判断
が必要になるケースも考えられるかも知れません。

ともあれ、利益の額という誘惑に流されず、質と継続性・再現性を確保した上でしか、額の議論はないということを再認識して、残りの期間努力していきたいと思います。


定時退社・有休100%取得の会社になった理由 その2


定時退社・有休100%取得の会社になった理由 その1 に続き、その2です。

②スタッフは社員である前に一個人であり、仕事よりもはるかに大事なものがあるから

とは言っても、僕自身20代から30代半ばまでは完全に仕事中心の生活をしていました。

22時より前に家に居るということがまずありませんでしたし、土曜はもちろん働いて、大晦日にお客さん先で営業ついでにメシごちそうになったり(超迷惑ですね)、1月2日には東京本社で会議してたりしました。

ひとりめの子の出産には立ち会わず仕事して、はじめての自分の子の顔を見たのは生まれて何日か経ってからでした。

そういう生活に不満があったかというと、実はぜんぜんなく、仕事漬けの生活に満足してました。

 

これは今のスタッフにもよくいうことなんですが、そういう働き方は本人はけっこう好きでやってたりするし、ハードワークする自分が好きだったりもするので、本人はそれでいいんですよね。

それが嫌ならさっさと会社辞めればいい話でもありますので。

 

しかし、それくらい働くと、人生の大半が仕事中心に回るようになります。

仕事は人生の一部にしか過ぎないという事実を忘れてしまいます。

僕はサッカーが大好きなんですが、10年ほどまったくサッカーを観なかった期間がありました。仕事してました。

中学、高校時代、飽きずに毎日のように遊んでた友だちがいましたが、10年ほどまったく連絡すらしなかった期間がありました。仕事してました。

親とも会わないどころか、連絡先も教えてなかったので、僕に連絡さえ取れない期間がたぶん5年くらいありました。頭おかしいですね。

家族にも、給料を持って帰ってくる以外になんの価値も提供できていませんでした。

 

当時仕事が楽しくて、他になにもなくても構わないと思って働いてましたが、今思うと本当にもったいないことをしたと悔やんでます。

ストイックに働くことで得られたものもたくさんありましたが、他のことももっと上手くやれたんじゃないかなと思います。

DSC_0059

仕事が楽しい。それはとてもいいことですし、そういってくれる社員であればまして、自分の生活を犠牲にしてでも働いてくれるものです。

しかし、自分の生活だけじゃなく、周りの人の人生も犠牲にしていることもあります。

僕はそうでした。

 

仕事よりはるかに大切なものとは、自分の人生そのものと、自分と関わる人たちの人生です。

それには持って帰ってくる給料も大事ですけど、割く時間のほうがはるかに大事です。

 

働く時間を短くするということは、弱くなるということじゃなく、強くなるということだと思います。

長時間働いて稼ぐのは普通ですが、短い時間できちんと稼ぐのはより難易度があがりますので。

 

当社は、お客さんへの提供価格は安く、スタッフの労働時間は短く、かつ給与は高く、そして会社の利益は高く。という理念に基づいて10ヶ年計画を立てており、6年過ぎた今も、やはり簡単ではないなと思い知っています。

しかし、これを成し遂げることで、当社が設立された意味というものが少しは残せるのではないかと思って、頑張っています。