社長ブログ

はてなブックマーク - スタッフの給料は、だいじか
Pocket

はてなブックマーク - スタッフの給料は、だいじか
Pocket

スタッフの給料は、だいじか

はてなブックマーク - スタッフの給料は、だいじか
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービスの藤本です。

下記の記事のとおり、弊社はスタッフの給料に非常にこだわっている会社です。
なぜこの時代にあえておカネおカネと言ってるのかをお伝えしたく、珍しくブログを書いてます。

琉球オフィスサービス | 人事データ・採用情報 【2019年度修正版】


弊社は大赤字の創業時から平均給与600万円、世帯収入800万という数値目標を掲げ、10年経ってまだ達成できていない僕の無能さが明確に数値化されているわけですが、目標に掲げたこと自体は正解だと自己弁護しています。

おカネはしょせんおカネ、それだけでは幸せになることも幸せにすることも難しいからこそ、おカネに縛られない程度の所得が必要です。
おカネが不足しているうちは、どうしてもおカネが判断基準になってしまう。
海外旅行に、いかないのか、いけないのか。子供におもちゃを、教育として買わないのか、お金の問題で買わないのか。大きな違いがあります。
おカネの問題を超えて、純粋な意思に基づいて自ら生活し、子供を育てていける環境でないといけないと思っています。

これは、貧乏な家で育ち、20代前半で事業に失敗してア○フルやア○ムと長く付き合いをしてきた僕は、嫌というほど体験してきた事実です。
そして幸運なことに、「おカネの問題ではない」と本気で思えるようになってからが本当の意思だということも、前職のおかげで体感できました。
おカネの問題がなくても本当にそうした?っていうのをなくせるのが企業です。
もう少し現実的・業務的な観点でも、スタッフが悩むのは自分の能力のことだけで十分、余計なとこで神経つかってる場合じゃない。というのもあります。

20代独身と家庭を持った30代40代では話が違ってくるのですが、おおまかにはそういう理由で給料にこだわっています。
そして、いま注力しているSMBファンド事業の出資先にも、「スタッフの生活を向上させるという価値観があるか」を重視しています。

子会社設立のお知らせ

幸い、いまお話しをさせていただいている企業の経営者は、皆さんその意思を持っておられ、気持ちよく未来の話ができる方々です。
僕たちのビジョンである「沖縄で1万人の生活をかえる」ために、この方々の会社で働く人が増えれば、そのビジョンが現実に近づいていくと信じられる企業とお話が出来ていて、とても幸運に思っています。

まだまだ出資先絶賛サーチ中でございます。
同じビジョンを共有できる企業との出会いを探しておりますので、ぜひご協力いただければ幸いです。

はてなブックマーク - スタッフの給料は、だいじか
Pocket

子会社設立のお知らせ

はてなブックマーク - 子会社設立のお知らせ
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービス 藤本です。

おかげさまで弊社は今期、設立10周年を迎えることができました。
お客さま、お取引先さま、そしてスタッフの皆さま、ありがとうございます。
引き続きお力添えをよろしくお願いいたします。

2010年の設立時、弊社は「沖縄でもっとも良い会社をつくる」という目標を掲げました。
10年がんばりましたが、まだまだ「もっとも」にはほど遠く、先は長いと感じています。
僕たちは世界を変えたり日本を救える会社ではないですが、この10年で、誰かのくらしを良くすることは、実際にできるということがわかりました。
スケールは小さいけど、会社というものは誰かに対して実効性のあることができるものだと。

スタッフが弊社に入社して、給料が増え、早く帰って子供と一緒に夜ごはんをたべ、平日でも休みをとって家族で海外旅行に行けるようになった・・・というのは、個人レベルの小さなことかも知れませんが、1人のスタッフには数人の家族がいます。
弊社は40人くらいの小さな会社ですが、ご家族を含めると100人の生活に関わっていると言えるかも知れません。

2015年から続けている児童養護施設卒園者支援も実効性に重きを置いてきました。
みんなに1万円じゃなく、たった数十人かも知れないけど家賃を全額ずっと補助。
大げさかも知れませんが、その子の将来が少しでも、本当に変わるようにと、実効性を重視しました。

なんとなく・・・ではなく「本当に」変える。明確に良くする。
これを、10人、100人ではなく、1,000人、10,000人の規模でできれば。
できるとすれば、それこそが弊社の取り組むべき仕事、実現すべきミッションだと思います。

僕たちは大した会社ではありませんが、平均以上の給与を支払い、早く帰ってもらい、休みもじゅうぶん取ってもらいつつ、なんとか利益も出せています。
特別なことをしたかというとまったくそうではなく、よく本に書いてあるような普通のことを、比較的真面目にやっているにすぎません。
ローカルの中小企業そのものである僕たちにできている程度のことは、本来学びさえすれば誰にでもできることで、つまりある程度の利益とある程度の待遇を両立させることは、じゅうぶん実現性と再現性があると思っています。


前置きが長くなってしまいましたが、僕たちは2019年10月に「SCOM株式会社」(エスコン)という会社を設立しました。
取締役に、上間天ぷらU&Iの上間社長、Paykeの比嘉取締役を迎えることができました。

この会社では、県内の小さな企業(スモールビジネス=SMB)に出資をし、戦略の立案や資金調達、人材採用、マーケティングや財務・会計など、経営に必要なことを、株主として、そして県内の経営者仲間として、近い距離で継続的にハンズオンすることにより、持続的に利益を出し、スタッフや社会にきちんと還元できるSMB群をつくっていきたいと思っています。

そのために、年度内に総額1億円で、沖縄初、日本でもほとんど前例のないSMBに特化したインキュベーションファンドを設立する準備をしています。

第1号として首里石鹸を運営する株式会社コーカスさんへの出資が決定しています。

また、シンガポールのヘッジファンドや東証一部上場企業のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)での経験をもつ遠藤がファンドマネージャーを担当させていただきます。

僕たち琉球オフィスサービスだけではたった100人のくらししか変えることができませんが、強いSMBが10社、100社と増えれば、そのスタッフが300人、3,000人となり、その家族1,000人、10,000人のくらしを、実効性のあるレベルで変えることができる。
その実現が「SCOM株式会社」のビジョンです。
弊社だけでは難しいミッションですが、上間さん比嘉さんと、これ以上は望めないメンバーが力を貸してくれることになりました。

県内の大半を占めるSMBの経営力向上が、そこで働く多くの人のくらしを変え、貧困問題、ひいては離婚問題や教育問題を一定数解決していくと、ずっと前から考えていました。
(たぶん僕と初対面でいきなりこの話を延々と聞かされた方はたくさんいると思います笑)
そしてようやく、それに対する挑戦権と、仲間を得ることができました。

持てる力のすべてを出して、がんばりたいと思っています。
応援していただけると幸いです。

はてなブックマーク - 子会社設立のお知らせ
Pocket

「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket

こんにちは、琉球オフィスサービス 藤本です。半年ぶりくらいです!

2019年に設立から10年目を迎えるにあたり、改めて弊社のビジョンについてお話しをさせていただければと思い、記事を書いております。

僕たちは「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョンのもと、業務を行っております。

我ながらスケールが小さいとは思うのですが、代表である僕がこれまで利益に特化したキャリアを積んできた中で、自身の力不足から軽視していた、お客様の満足度、スタッフとそのご家族の生活への配慮。そして営利企業としての結果。
どれを取るかではなく、すべてを捨てない会社をつくることができないか、できるとして、僕たちにできるか、という問いへの答えになる会社を目指し、このようなビジョンを掲げてきました。

お客様満足度やスタッフの生活など、なにを当たり前のことを。それを軽んじてどうする。と思われるでしょうが、正直にいいまして僕は本当に軽視していました。
利益を出すこと、組織を成長させること、結果を出すことに特化し、その他を犠牲にすることにあまり抵抗がありませんでした。
商売は甘くない。生き残るとはそういうことだ。と、いま考えれば能力不足の言い訳なんですが、そう思ってました。
それが強さだとさえ思ってましたが、こどもにその姿を見せたいか、と考えた末、弊社の理念に至りました。

話を戻しますが、僕たちなりにビジョンを分解すると下記のようになります。

  • お客様に、沖縄で最も良いサービスを提供する
  • スタッフに、沖縄で最も良い待遇を用意する
  • 沖縄の情報通信分野で、最も強力なキャッシュフローを創出する

絶対に良いと自分たちが確信できるサービスだけを、ご紹介しよう。
自分の子供や恋人、親友にも自信をもって薦められるような待遇を用意しよう。
そして、利益という結果に目を背けず、かつスタッフや家族が誇りに思えるようなおカネの使い方をしよう。

9年がもうすぐ終わる現在、どこまでできたかというと、どれもハンパもいいところで達成感はまったくありません。
ただ、目指した「良い会社」は妄想ではなく、この先現実にすることができるという確信は得ることができました。
9年でこの程度しかできないのかと思う部分もありますが、まだ時間はあり、できることの余白もたくさん残ってます。

そして、今は非力な会社ですが、10年後の沖縄の起業シーンを変えるような存在になりたいと本気で思ってます。
僕たち含め、沖縄の大多数を占めるスモールビジネスがしっかり稼ぎ、しっかり還元することで生活も教育も必ず向上していきます。
現在は、スモールビジネスの損益状況はあまりよくないというのが現実ですが、これは改善可能だと考えています。
「沖縄の若者がつくる会社はなんであんなに優秀なの!?」と全国がザワザワするような10年後は、現実にできると思っています。
(僕は若者じゃないので、この先にデビューしていく若者たちのことです)

僕たちだけが良い会社になれても、スタッフとその家族、せいぜい100~200人程度のインパクトですが、10社20社と強く正当に還元できる企業群を作ることができれば、その数は数千人になり、バカに出来ない規模になってきます。
何回考えても、その未来が手の届かないものには思えません。
まだまだ僕たちは力が足りませんが、その魅力的な未来に向かって、引き続き努力を重ねて参ります。

はてなブックマーク - 「沖縄で最も良い会社をつくる」というビジョン
Pocket